TOEICアプリ「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の口コミ・評判【2020年】メリット・デメリットも写真付きで解説

TOEIC対策学習を行っている人の中には、「基礎的な重要TOEIC単語からしっかりマスターしたい」「出来るだけシンプルなアプリで単語を覚えたい」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方に是非おすすめしたいのが、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」です。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は、無料で使えるTOEIC単語学習アプリです。

TOEICで600点を取得するために必要な単語を、まとめて学習することができます。

この記事では、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の評判や使い方、メリットとデメリット、さらには当アプリを使って効果的に学習を行うコツについても、詳しくご紹介していきたいと思います。

TOEIC対策にとても効果的なアプリなので、是非この記事を参考にしながら、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を活用してみてくださいね。

関連記事→TOEICアプリおすすめランキング2020を徹底比較!

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の口コミ・評判まとめ

まずは、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」についての良い口コミ・悪い口コミを両方調べてまとめました。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の良い口コミ・評判

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を実際に使って英語学習をしている人による、当アプリの良い評判やレビューをSNSやApp Storeでチェックしてみました。

このアプリは、リスニングの練習としても有効だと思います。

回答に時間制限があるのも、実践の練習になるので良いと思いました。

収録されている単語の数は若干少ない気もしますが、何度も同じ単語が出てくるので、全ての単語を確実にしっかりと覚えられます。

8つの選択肢から回答する必要があるため、選択肢問題とは言え、勘だけでは正解することが出来ません。

時間制限が短めなのも、緊張感をもってスピード感のある学習が出来て良いですね。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を使って学習している人による、多く見受けられた意見は以下の通りでした。

  • 仕組みや使い勝手がシンプルで使いやすい。
  • 無駄な機能などがないので、暗記することに集中できる。
  • クイズを解くような感覚で楽しく単語学習ができる。
  • ちょっとした空き時間などに取り組むのに最適。
  • 問題数を都度自分で調整できるので、隙間時間でも取り組みやすい。
  • 発音を聞きながら単語を覚えられるのが気に入っている。
  • 発音を真似しながら覚えることができ、紙の単語帳より学習がしやすい。
  • 間違った問題だけに絞って何度も復習できるのが良い。
  • 暇な時にゲーム感覚で気軽に取り組める。
  • 無料アプリとしてはクオリティーが高い。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の悪い口コミ・評判

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の口コミはほとんどが良いものでしたが、一方で僅かながら、以下のようなマイナスなレビューも見受けられました。

アプリの内容は良いのですが、動作が少し重たいです。

単語を調べようとしたらホーム画面に戻ってしまったり、アプリが落ちてしまったりすることがたまにあります。

回答する時の制限時間が短すぎると感じます。

制限時間を無しに出来る設定や、自分で自由に調整できる機能があれば、文句のないアプリです。

時間制限に関しては「自由に設定させてほしい」という意見が少々あるようでした。

一方で、「制限時間があるのでゲーム感覚で楽しめる」「時間制限があることによって集中力を発揮できるし、瞬発力が鍛えられる」というような、ポジティブなレビューも多く見受けられました。

それぞれの好みによって、評価が分かれる部分ではあるようですね。

まだまだ今後のアップデートで改善されて、より使いやすくなっていくことに期待したいところですね。

実際に試してみた私が教える「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」のメリット4選

ここからは筆者が「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を実際に使用して学習してみて感じた、当アプリを使って学習する主なメリットを、4つ挙げていきたいと思います。

①隙間時間で気軽に取り組める

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の大きなメリットとしては、隙間時間に取り組みやすいということが挙げられます。

出題される問題数を、10問・20問・50問・100問の4段階から選んで設定することが可能なので、学習できる時間の長さに合わせて取り組むことができます。

通勤時間や休憩時間などにスマホで気軽に取り組めるため、忙しくてまとまった学習時間がなかなか取れない方でも、少しずつ学習を進めていくことが出来ます。

②目標スコアに合わせた語彙学習が可能

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は、600点取得を目標としている人に向けたアプリです。

TOEICにはビジネス英単語なども多く登場するため、初めてTOEIC対策に取り組む人が、いきなり分厚いTOEIC単語帳を手にとってしまうと、挫折するケースも少なくありません。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」では、600点を突破するために必要な、TOEICで重要英単語に絞って覚えることが可能。

そのため、無駄なく効率よく目標スコア達成を目指すことが出来ます。

③語彙力と一緒にリスニング力を鍛えることが出来る

単語の意味だけを知っていても、本番のリスニングで音声の中で使われる単語を聞き取ることが出来なければ、意味がありません。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の「チャレンジ」モードでは、単語を耳で聞き取って、単語の意味を答えていきます。

一般的な英単語学習アプリでは、出題時に英単語が表示されていることが多いです。

一方で「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」では、単語を文字で確認することが出来ず、発音だけを頼りに回答する必要があるため、リスニングの力が鍛えられます。

「基礎的な語彙の知識は比較的あるはずなのに、いざリスニングするとなると、知っているはずの単語が聞き取れていない・・・」という方は、今一度単語の発音をきちんと理解しているか、復習を行った方がいいかもしれません。

特に、書籍の単語帳を使って音声を聞かずに学習してきた人は、単語の発音を正しく理解出来ていないまま、単語の意味だけを覚えた状態になっている可能性があります。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」に収録されている単語や例文は全て発音つきなので、発音まできちんと習得することが出来ます。

④ゲーム感覚で楽しく単語を学べる

一般的な単語学習アプリは、縦に並んだ4つの選択肢の中から答えを選んでいく形式のものが多いです。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の「チャレンジ」モードでは、選択肢がタッチパネルのような独特の配列で表示されます。

答え合わせの時の効果音もポップで、ゲーム感覚で気軽に取り組むことが出来ると感じました。

単語の暗記学習に苦手意識がある人でも、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」なら楽しく単語学習することが出来るかもしれませんね。

学生さんから大人の方まで全ての方におすすめ出来るアプリです。

実際に試してみた私が教える「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」のデメリット

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は、TOEICの語彙対策に非常に効果的なアプリですが、場合によってはデメリットになるかもしれない点もありましたので、デメリットについてもお伝えしておきます。

収録されている単語数が少なめ

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」には、合計680個の英単語が収録されています。

アプリレビューのなかでも、「単語の数が少し少ない気がする」という意見が見受けられましたが、収録量が少ないからこそ、一つ一つの単語を丁寧に確実に覚えることが出来るという側面もあります。

全ての単語に例文と発音もついていて、十分濃い学習が出来る内容になっているように思います。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」で基礎単語を全て覚えてから、より多くの単語が収録されているアプリや単語帳に移行するのがおすすめです。

段階的に単語量を増やすことができるため、無理なく単語学習を進めることが出来るでしょう。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」をおすすめしたい人の3つの特徴

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を使った学習をおすすめしたい人の特徴を3つ挙げます。

以下の特徴に少しでも当てはまるような方は、是非「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」をダウンロードして学習に取り組んでみてくださいね。

①TOEICの基礎単語を習得したい人

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は、TOEIC600点取得を目指す方に向けて作られたアプリです。

TOEICに頻出する基礎レベルの英単語だけにまずは集中して、しっかり覚えていきたいというような人におすすめです。

全ての単語、例文にちゃんと発音がついているので、これから初めてTOEICのための語彙学習を行う人でも、安心して使うことが出来るアプリです。

②単語の瞬発力を鍛えたい人

実際のTOEIC試験では、試験時間内に大量の英語長文を読み進めていく必要があります。

スピーディーに問題を解き進めるためには、単語の意味を瞬時に引き出せる必要があります。

単語の瞬発力が弱い状態では、英文を読むスピードが遅くなってしまい、試験時間内に問題を解き終えることは難しくなります。

「それなりに語彙は理解できているはずなのに、実際の試験ではリーディングセクション問題を時間内に全て解き終えることが出来ない・・・」という人は、語彙の瞬発力が不足していることが、一つの要因として挙げられるかもしれません。

単語の意味をゆっくり思い出しているようでは、当然リスニングの音声スピードにもついていくことが出来ません。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の「チャレンジ」モードでは、単語の音を聞き取って8つの選択肢の中から単語の意味を選んでいきます。

各問題の回答制限時間は5秒と短いため、瞬発的に単語の意味を当てる力が求められます。

基礎レベルのTOEIC単語は一通り暗記した人でも、瞬発的に単語の意味を引き出すためのトレーニングとして、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を使って学習すれば、より語彙力に磨きをかけることが出来るでしょう」。

③シンプルなアプリで学習したい人

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は、とてもシンプルな作りの単語学習アプリです。

色々な機能がありすぎると、アプリに慣れるまで時間がかかったり、使い方に迷ってしまったりと、余計な労力が生じることもあります。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は本当に必要な機能だけを備えていて、余計な機能はついていません。

すぐに学習に取り組むことができ、単語を覚えることに集中することが出来ます。

単語学習アプリは最低限の機能でシンプルなものがいい、という人にはぴったりのアプリでしょう。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」をおすすめしない人の2つの特徴

一方で「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」を使った学習が向いていないかもしれない人の特徴も、2つあげておきたいと思います。

①中〜上級レベルの英語学習者

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は、TOEIC600点を目指す英語学習者に向けて作られたアプリです。

当然、収録されている単語はTOEIC600点レベルの単語のみなので、基礎的なTOEIC単語がメインになっています。

既に比較的高い語彙力を持っている中〜上級レベルの英語学習者の方が、これからTOEIC対策を行っていくのには不向きであるかもしれません。

同じ運営者が出している同シリーズのアプリで、730点版や860点版もあるので、自分のレベルに合っていそうなものに取り組んでみると良いでしょう。

②色々な学習機能を求めている人

前述にもある通り、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」は比較的シンプルなアプリです。

余計な機能がついていないため、単語の暗記に集中しやすい作りになっており、単語学習アプリに最低限の機能しか求めていない人にとっては最適です。

一方で、色々な機能を駆使しながら学習したいという人にとっては、少し物足りなさを感じてしまう可能性もあるかもしれません。

上記のような方は、より多くの機能を装備している「mikan TOEIC」や「英語学習iKnow!」などの有料アプリを使って学習するといいかもしれませんね。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の使い方・操作方法を写真付きでかんたんに紹介!

ここからは、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の基本的な使い方・操作方法を画像付きでかんたんに説明していきます。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」のアプリをダウンロードするとまず、アプリホーム画面が表示されます。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」には、「チャレンジ」と「単語一覧」の3つの学習モードがあります。

ここからは、それぞれのモードに分けて、使い方を説明していきます。

「チャレンジ」モードの使い方

ホーム画面で「チャレンジ」をタップすると、問題設定の画面が表示されます。

まずはデフォルト設定のまま取り組んでいきましょう。

多くの単語をまとめて一気に覚えたい人は、出題問題数を100問に設定して取り組んでみてもいいかもしれません。

設定画面の下部にある「START」ボタンを押すと、問題がスタートします。

読み上げられる単語の発音を聞き取って、用意されている8つの選択肢から、単語の意味をと一致するものを選んでいきます。

各問題の回答制限時間は5秒なので、素早く判断していく必要があります。

一度で聞き取れなかった場合は、スピーカーボタンを押せば、単語の発音を再度聴くことが出来ます。

選択肢のカードをタップすると、すぐに答え合わせが行われ、読み上げられていた単語が中央のスペースに表示されます。

回答が最後まで終了すると、結果発表画面が表示され、正答数と正解率を確認することが可能。

「次へ」をタップすると、テスト結果画面が表示され、出題された単語を一覧で確認できます。

もう一度テストを受け直す場合は、「リトライ」ボタンを押しましょう。

「間違った単語再テスト」ボタンを押せば、不正解だった単語のみに絞って、もう一度テストすることができます。

「次の問題」ボタンを押すと、次の単語テストへ進めます。

「単語一覧」モードの使い方

続いて、「単語一覧」モードの使い方です。

ホーム画面から「単語一覧」をタップします。

アプリに収録されている全ての単語と和訳を、一覧で確認することができます。

特定の単語を検索したい時は、上部にある検索バーに探したい単語や、単語の日本語訳を入力することで検索することが可能。

一覧から単語をタップすると、単語の発音記号や例文を確認することが可能です。

一覧から単語をタップしたあとの画面のまま、左右へ画面をスワイプすることで、前後の単語もどんどん確認していくことが出来ます。

例文中に知らない単語が合った時は、単語をタップすることで意味を確認することも可能です。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」での学習効果を高めるおすすめの使い方

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」では、問題の出題範囲を「全部」「未出題」「よく間違う」の3つから選んで絞ることが出来ます。

最初のうちは「全部」に設定して取り組むようにし、ある程度わかる単語が増えてきたら、出題範囲を「未出題」に変えて取り組んでいくと、効率よく全ての単語を網羅出来ます。

アプリを開くたびに、まず「よく間違う」に出題範囲を設定して取り組む習慣をつけるのもオススメです。

苦手な単語は、特に高頻度で徹底的に反復して攻略いきましょう。

是非参考にしつつ、「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」でより学習効果の高い学習を行なってみてくださいね。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の運営元情報

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の運営者は、Hu Minghuaさんです。

まとめ

ここまで、TOEIC対策アプリ「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」の評判・使い方、当アプリで学習効率よく学習するコツなどをご紹介してきました。

「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」では、TOEICに頻出する基礎単語を覚えながら、同時にリスニング力を鍛えることが出来ます。

是非「チャレンジ【600点】for the TOEIC TEST」をダウンロードして試しに使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です